埼玉県の従妹おすすめの写真館♪いざ!お宮参り~!

埼玉県の従妹おすすめの写真館♪いざ!お宮参り~!

娘が生まれて早一カ月。

すっごく早いなぁ~。

夫婦で顔を見合わせて、灌漑にふけっちゃうけど、まだ一カ月(笑)そろそろお宮参りにいかなきゃな~なんて思って地元埼玉県の氏神様がいる神社~!

って言う母の教え通り神社に予約。

予約はもうできたからね~って言ったら、今度は写真館でキチンとした写真残しておきなさい♪ってうるさくて埼玉県で人気のあるところな~い?

って従妹にきいてネットでプランを見てみることに。

お宮参りはもちろん、成人式のプランもあってまだまだ先とは解っているけど、きゅーんとしちゃいました(笑)料金がそれぞれわかりやすく書かれているから旦那さんに相談する時もスムーズだし、安心しましたね。

利用された方の写真が載せてあるのでイメージもしやすかったです。

彼女にとって初めてのイベントになるから私たちもちょっと緊張しちゃう。

写真館で号泣しないといいなあ~!

母は不安と期待で胸がいっぱいですよ。

可愛い顔で記念写真が残りますように♪

写真館なら孫の写真も綺麗♪埼玉県在住なら、是非

もうすぐ初孫が生まれるので、主人と二人であれやこれやと気の早い話をしているんだけど、お宮参りにいくのが今から楽しみで仕方なくて!

笑っちゃいますよね~、私がこんなに孫を待ち望む日が来るなんて想像しちゃいなかったんですよ。

主人もお宮参りの話をする私に、気が早いなんて言うんですけどね。

ベビーカーの話から七五三やランドセルはうちが用意したいだなんて言ってて私なんかよりずーっと気が早いんです(笑)なにはともあれ、まずはお宮参りをさせようと思ってるんですけどね。

埼玉県に引っ越していったから、土地勘がなくて色々人づてにきいてみたんですがおすすめの神社から写真館まで。

やっぱり記念撮影しておくのは大事でしょう。

もちろん当日は写真館に押しかけますよ!

埼玉県まで乗り継ぎ乗り継ぎで、しんどくたって孫のためですもの。

なんの苦にもならないんですねえ。

あ~無事に健康な赤ちゃんが生まれてきますようにって今から参拝しとこうかしら。

埼玉県にある写真館★大切なシーンをずっと残したい♪

授かり婚だった私たち。

ぱぱーっと入籍して、あっという間に赤ちゃんが生まれてくれて幸せだけどあわただしい毎日が過ぎていく日々。

子供の成長をみていると全く飽きなくて、気が付かなかったんだけど三度目の結婚記念日に旦那が「結婚式できない状態だけど、ウェディングフォトとか撮ってみたい」なんていうんです!

私は結婚に夢とかなかったんですけど、旦那がすっごい乙女で(笑)うちは男女逆みたいな夫婦なんですけど、ウェディングフォトって言い出すとは思わなかったなぁ。

もじもじしてるんで、撮りたいのかな~って思って、「じゃあ埼玉県で写真館探して撮ってもらう?」って言ったらすごく嬉しそう。

顔に全部でちゃうとこが好きでお付き合いしたんだったなあ。

なんて思いだいちゃいました(照)「あったよ!埼玉県の写真館!!ネットにギャラリーある~」と言われるまで半日かかりませんでした・・・。

旦那よ・・・乙女・・・。

素敵な思い出を残す埼玉県の写真館

嬉しそうな彼の顔をみて、子供にごはんを食べさせる昼下がり。

大きくなった子供に、デレデレのお父さんのタキシード姿みせるのが楽しみになりました。


文書保管の大切な考え方

文書保管の大切な考え方

オフィスの取り扱う書類というのは重要書類が非常に多い。

その種類も、契約書から議事録から履歴書まで様々である。

機密事項や個人情報といったものを管理しなければいけないので細心の注意を払わなければならない。

文書保管の大切な考え方として、作成の段階から保管・保存のことをしっかりと考えていないと管理するのが大変なことになってくる。

ましてや大事な顧客情報などを外部に漏らしてしまうようなことに繋がっては信頼も失うし、会社の存続も脅かしてしまいかねないのだ。

書類の中でも、取り扱う部署が決まっているようなものに関しては、ある程度のフォーマットが定まっている場合が多いので、効率よく管理しやすいのではないだろうか。

ポイントとなってくるのが、作成者によってフォーマットが異なるような書類の管理だ。

重要性・機密性などの分類の大切さに加え、タイトルを統一させるなどのルールの一本化というのも、社員への意識付けも必須である。

文書保管は企業の大事な骨幹に位置するものである。

文書保管に伴う書類の属性

会社が取り扱う書類というのは、保管が必要な「重要書類や機密書類」というものと、すぐに破棄が可能な「一般書類」とに分類される。

書類の種類によって保管方法や廃棄方法も異なってくるので注意したいところである。

まずは、一般書類か重要書類なのかを判断しておくというのが重要だ。

文書保管が必要な書類というのは、会社の判断に委ねられているという点があり、重要と判断されたものは全てが保管必要な重要書類ということになる。

他に法律で保管が義務づけられている書類もある。

会社内での打ち合わせ等のメモ書き程度でも機密情報として社外には出してはいけないのが当たり前なのである。

なので、保管するか廃棄するかがその書類たちの行き着く先なのだが、外部の文書保管サービスを利用すれば、
保管から溶解処理での廃棄までをやってくれるのだが、管理する側はあくまで会社であり、保存期間などを決めそれを過ぎれば即時廃棄していかなければ書類の山となってしまうし、
外部のサービスを有効的に活用しなければ経費が掛かるだけになってしまう。

適切なルール作りが必要だろう。

機密文書保管のノウハウ

会社にとって特に秘密保持が必要な文書をまとめた機密書類は、絶対に社外に漏洩することは許されないものである。

機密書類は、経営上きわめて重要な「極秘文書」。

会社の戦略や営業や技術などの「非文書」。

調査資料などの「社外秘文書」の3つに分けられる。

しかし、重要文書のなかでも、有価証券報告書のように外部に公開するためのものもあり、機密書類か非機密書類かどうかで分類し、
保管書類と非保管書類なのかで文書保管期限を設けて、廃棄することも必要となってくる。

契約書のような長期保管が必要で機密性の高い書類、有価証券報告書のような長期保管が必要で非機密な書類、プロジェクト会議の資料など短期的な保管が必要で機密性の高い書類、
その他の短期的な保管が必要で非機密な書類といった4つのカテゴリーに分けて文書保管すれば管理もスムーズにいくだろう。

文書保管のサービス

書類を保管してくれ、溶解処理サービスまでしてくれるサイトがあり、会社にとってはとても便利である。

山積みになった書類の整理にひとやくかってくれることは間違いない。


家族葬は東京の業者へ

家族葬は東京の業者へ

人生の最期を締めくくる葬儀ですが、あるものにとってはそこから何かを受け取る場合もあります。

私なども身内が亡くなり始めてわかったことが沢山ありました。

そんな思いを強く感じられるのが家族葬という葬儀です。

さて、家族葬というのは、大規模な葬儀ではなく、身内だけの葬儀です。

そのためお金もかからないのが特徴となっています。

私などは何にでもお金がかかるものだと、感心したことがあるのです。

そうなのです人は自分の死に関してもお金を払わないといけないというものが解ります。

人を集めるとなると、それなりにお金がかかってきます。

そんなことで家族に迷惑をかけたくないから家族だけで葬儀を行うということが、この葬儀のコンセプトだということです。

東京といえば、ただでさえお金がかかる都市部だといえます。

そんな東京ですから、あえてリーズナブルな家族葬を行ってほしいと遺言に残す人も多いようです。

私としても家族には、簡易な葬儀でよいと遺言に残したいと考えています。

そのほうが重圧とかも少ない気がします。

東京暮らしと家族葬

人の営みというものは、全てが家族を持つということに収束するというわけではありません。

独身のまま一生を過ごすという人もいるのではないでしょうか。

それが悪いというわけでは、ありません。

むしろ現代のライフスタイルには非常にあっていることだと私は感じることができます。

さて、そんな独身の方、特に独り身の天涯孤独の方が亡くなったときは、この家族葬がささやかながら葬儀を行ってくれるようです。

むしろ東京のような大都会なら、このような死が日常的にあるのかもしれません。

むしろ私など、最後はこのようなものであっていいと思っています。

東京の片隅でひっそりと死を迎えるというのは、案外さみしいものではなく、ある意味楽しく人生を締めくくるのに大事なことではないかと考えています。

私は家族葬のスケール感がすごく気に入っていて、それはある意味、死期の近づいた猫が誰にも見つからないところでひっそりと死んでいくのに似ていると感慨深くなります。

ある意味ストイックなのですが、誰も悲しませることなく、そういえば彼はどうなったかなと、思われるくらいで丁度いいなと考えています。

東京と家族葬の関係とはなんでしょうか

東京と言えば、大都会ということで、生活レベルも上流階級かと思いきや、田舎暮らししている人よりも質素な暮らしをしていることが多いのです。

巷で節約、節約と、エコで節約などという、節約合戦が始まっている昨今ですが、物件の高い東京なども勿論そういった風潮になるわけです。

そしてそれは葬儀の世界にも広がっているというわけですね。

この家族葬というのは密葬より、さらに小規模な葬儀となります。

そして価格もリーズナブルになっております。

実は私も身内の葬式のとき葬式の費用が100万以上かかると葬儀屋に言われたとき、正直一般市民に出せる額としては厳しい値段ではないだろうか、と疑問に感じたものです。

人が亡くなっているのにも関わらず何故何百万のお金がかかるのだろうかと感じる方々も多いのではないでしょうか家族葬ではそんな値段はかからないので安心です。

東京で家族葬をする

しかしながら人生というのは生きては金銭を使い、死んでも金銭を使うという何とも不思議な世界だといえますね。

ことわざにあるように地獄の沙汰も金次第ということでしょうか。


ブライダルメイクの料金を見て思ったこと

ブライダルメイクの料金を見て思ったこと

私が最近自分の結婚式で体験した話なのですが、ブライダルプランの店の人と打ち合わせをしていたときのことです。

そこの式場は外部からブライダルメイクのために美容師さんを呼ぶタイプだったのですが、見積もりプランにずいぶんと差があることに気がつきました。

その疑問をたずねると、オプションでずいぶん違ってくるというのが1点、そして店舗の美容師さんによって出張料金が違うという点で差ができてきるらしいのです。

オプションは細かく設定されていますし、店によって料金がバラバラなので私は困ってプランナーに相談することにしました。

するとみんなプロなので心配はいらないし、おすすめの店を何軒か教えてあげるのでその店やサイトを見てリハーサルしてみればいいとアドバイスしてくれました。

教えてくれた店の中にブライダルメイク専門の店があったので、サイトを見てみると写真や料金プランが親切に書いてあったのでそこでリハーサルを決定しました。

そしてリハーサルのメイクもすばらしかったので、本番もそこにお願いして大成功。

みなさんもブライダルメイク店を選ぶ際は専門店をオススメしますよ。


ブライダルメイクの料金はどれぐらい?

ブライダルメイクの料金はどれぐらい?

ブライダルヘアメイクの平均的な料金ってご存知ですか?

私が調べたところによると約7.5万円だそうです、しかしこれはオプションやヘアメイクさんの知名度によっても上下するのであくまで目安程度だと思ってください。

ブライダルメイクは場所や形式によってまったく料金形式もかわってくるので、見積もりの際はセットプランにどこまで入っているのかよく確認することが重要です。

リハーサルは何パターン試せるのか、色直しのメイク回数、和装のヘアメイクは入っているのか、介添えはしてくれるのか等々どこまでが料金なのかは非常に複雑です。

こういう場合は知り合いに美容師さんがいれば相談してみてもいいかもしれません。

知り合いにいない場合はブライダルメイクを専門に行なっている店舗のサイトなどで簡単に料金を調べることもできますのでそちらを利用してもいいと思います。

非常に細かいオプションがありますので新婚2人の希望に沿った形が一番だと思いますね。

料金によってブライダルメイクの内容はどう変わるの?

私はこの8月に結婚式を予定しているのですが、実はブライダルメイクのことで悩んでいます。

ブライダルヘアメイクの見積もりの料金を3店舗ぐらいでとってみたのですが、料金が8万ぐらいから14万程度とずいぶん幅ができてしまったのです。

それなら安い所にすればいいかというとそう話は簡単ではありません。

リハーサルの回数、メイクチェンジの回数、移動費用、新郎のヘアメイクなど店によってオプションも違いますし、なにが通常でなにがオプションなのかも変わってくるのです。

もはや私にはチンプンカンプンになってしまい、非常に困っています。

最終的に一番安い所はブライダル専門ではなかったのでやめることにして、残る2店舗から安いほうを選ぶことにしました。

ブライダル専門店舗ということと、ネットや電話での説明が親切でわかりやすかったのが決定の決め手でした。

ブライダルメイクの気になる料金

今度リハーサルがあるのですが、何パターンか試せるようなのでとても楽しみです。

人生で最高のブライダルメイクにしたいですね。