ハッピーマムで笑顔に

ハッピーマムで笑顔に

ハッピーマムという東京都に認可された保育所があります。
全ての子育てをする方に笑顔になって欲しい!が基本理念です。
保育所では珍しいプリスクールという、外国人やバイリンガルが講師をし、一緒に歌ったり、踊ったり、つくることを遊びながら学びます。
聞きなれない英語でも一緒に遊びながらするので、最初は戸惑うお子様でも、いつの間にか楽しく遊びながら勉強できるのではないでしょうか。
これで母国語と第2言語で学ぶ、イマージョン教育を受けることができます。
その他リトミックという、ピアノを即興演奏したり、リズムや表現力や想像力、協調性を楽しみながら身につけることができる音楽教育もあります。
幼少期に早い段階で音楽に触れると、脳が活性化しやすく、生涯大きな財産になるそうです。
早くに音楽に触れ合うことが多かった人の方が、正確に身体を動かすのが得意なことが多いそうです。
音楽のことを学ぶのに、運動神経まで良くなることが多いだなんて、良いことづくしですね。
ハッピーマムの保育所で遊びながら、学び、笑顔が親子で増えると良いですね。

ハッピーマムで運動能力の基礎をつけよう

幼少期に早い段階で音楽に触れていると、触れていない子供より、運動能力が上がりやすいそうで、正確に身体を動かすのが得意になるそうです。
ハッピーマムでは、リトミックという音楽教室と、体操教室もやっていて、視る、考える、行動する、コーディネーショントレーニングを行っています。
こちらもお子様が楽しんで行うので、運動が不得意なお子様も楽しめるのではないでしょうか。
音楽と一緒で、運動能力は、幼少期に基礎を作ると良いということから、ハッピーマムでは体操教室もやっています。
その他テコンドーもやっています。

小さい頃、運動が苦手で、体育の授業が苦手だった保護者の方も多いのではないでしょうか。
自分の子供には、嫌な思いさせたくないですよね。
文部科学省の幼児期運動指針では、2歳から4歳のうちは、体のバランスをとる動きや身体を移動する動きが大事と言われており、全身を使うスポーツのテコンドーは、運動能力をつけるのに良いでしょう。
またこれ以外にも普段から外遊びをして、体の動かし方を自然と身に付けられるようにすることも大事です。