アロマディフューザーは便利な種類や機能が揃う

アロマディフューザーは便利な種類や機能が揃う

リラックスしたい時やお部屋の消臭等、普段の生活の中で香りはいろいろなところで使用されていますよね。
今回はこれらの場面で利用されているアロマディフューザーの特徴を使用環境ごとに紹介します。
最初に家庭向けの商品について説明していきたいと思います。
これは程よく香りが拡散する事はもちろん、子供がいても安心して使用可能という特徴があります。
デザインもインテリアとして扱えるおしゃれな商品が多く、中には音楽が流れるものや明かりが灯るものも存在しています。
次に業務用のアロマディフューザーの紹介になります。
業務用とあって人通りが多かったり、空調が強い場所等店舗や広い部屋での香りの拡散に適した機能が備え付けられています。
家庭用の商品と違う点は、店舗等広範囲に香りを拡散できるという機能に加えてタイマー機能がとても充実しているところと言えます。
時間はもちろん拡散させたい曜日まで詳細な設定ができる事が業務用の商品が持つ最大の特徴です。

使用環境に応じたアロマディフューザーを選ぼう

種類や機能が豊富なアロマディフューザーですが、自分の部屋や職場で使用してみたいと考えている方もいらっしゃる事だと思います。
これから使用する環境に合う商品を選ぶためのコツを挙げていきますので、検討する際の参考にしてみて下さい。
まずは家庭向けのものからです。
主にインテリアとしても使用できるデザインのアロマランプやポットといったものの他に、超音波タイプのアロマディフューザーが販売されています。
基本どの種類の商品も手軽に扱う事ができる事が特徴です。
使用する際の注意点になりますが環境の湿度や手入れに気を配る必要があるので、いくつかの商品の情報を参考に選んで自分の気に入ったものを購入しましょう。
そして業務用のアロマディフューザーの選び方になります。
設置環境や空調に合わせる事はもちろんですが、本当に使用したい機能が備わっているかどうかも重視して下さい。
これに加えて業務用の場合はアロマの香りも設置環境の来客層が好む種類のものを選ぶ必要があります。

アロマディフューザーを長く使うために効果的な手入れ法

良い香りを長く楽しむためにも、定期的なアロマディフューザーのお手入れを心掛けていきたいところです。
詰まりを防ぐといった目的もありますし、水が必要な商品となるとカビを生やさない様に気を配らなくてはいけません。
そこでアロマディフューザーを長持ちさせる事につなげるお手入れ方法を紹介していきたいと思います。
エッセンシャルオイルの場合中性洗剤を使用して洗浄した後しっかり乾燥させるのが一般的です。
なお原液を使用する商品の洗浄ではエタノールでお手入れを行うようにして下さい。
それからアロマディフューザーをお手入れする際に使用する洗剤については、市販のもので十分ですので費用の心配はあまりしなくても構いません。
実際に洗浄する時は、傷を付けない様にコットンや綿棒といった柔らかいもので丁寧に行いましょう。
アロマディフューザーで癒しの時間を
そして商品のタイプによってはここで説明した方法と違ってくる場合もあります。
購入した商品に付属してある取り扱い説明書を必ず確認して正しいお手入れをして下さい。