ボルダリングと滑り止めの関係

ボルダリングと滑り止めの関係

ボルダリングでは、チョークと呼ばれる滑り止めが必要です。
これは、滑りによる落下を防ぐ効果があります。
固形タイプや、粉末タイプがあります。
そして、このチョークと呼ばれる滑り止めは、滑り防止以外にも、汗を吸い取ってくれる効果もあります。
汗は滑る原因になります。
人間は、99%の水と塩分が多くを占めています。
さらに油分も含まれています。
なので滑りやすくなってしまいます。
チョークには、炭酸マグネシウムが含まれています。
炭酸マグネシウムの純度によって、効果のレベルが変わってきます。
なので、自分のお気に入りのブランドやメーカーの物を使用しましょう。
炭酸マグネシウムはチョークの主成分でありますが、炭酸マグネシウム自体には、滑り止めの効果はありません。
しかし、吸水性に優れるので、手から出る汗を吸い取ることで、汗による滑りを防いでくれるのです。
なので、チョークは、ボルダリングやクライミングには、必要不可欠です。

滑り止めの種類

チョークと呼ばれる滑り止めには、種類があります。
まずは、液体タイプです。
これは、手のシワの奥まで馴染んでくれるので、滑り止めの効果は高いです。
また、アルコールによって、手の油分を吸い取ってくれるので、長時間フリクションの性能を発揮してくれます。
この、液体タイプのチョークは、アルコールに炭酸マグネシウムを溶かしたものがほとんどなので、粉の飛散がなく、安全です。
特に室内での使用におススメです。
次は、固形タイプです。
これは、自分の手でつぶして使用します。
小型なので携帯性に優れています。
ブロック状になったチョークです。
次は、粉末タイプです。
これは、チョークバッグに入れて使用します。
固形が多少残っているタイプと、サラサラしている粉状のタイプがあります。
一般的に最も使用されているタイプで、岩場でのクライミングにも最適です。

しかし、粉が飛散しやすいので、室内での使用が禁止されています。
自分の体を危険から守りながら、ボルダリングを楽しみましょう。