業務用蓄電池とは

業務用蓄電池とは

蓄電池とは、電気を蓄えておくことができる装置、システムのことを言います。
自由に放電や充電ができることからバッテリーと呼ぶこともあります。
蓄電池は大きく分けて、4つの種類に分類することができます。
それは、リチウムイオン電池、ニッケル・カドミウム電池、ニッケル水素電池、鉛蓄電池です。
それぞれの違いはサイズ、電力量に違いがあるようです。
たとえば、リチウムイオン電池はエネルギー量が大きく、小型であるという特徴があります。
また、業務用蓄電池とは、工場などで利用される容量のとても大きな蓄電池のことです。
ただ、蓄電の技術がいまだ発展途中にあることから、家庭用蓄電池と比べて明らかに容量が大きいというわけではないようです。
そのため、1つだけの蓄電池を導入するのではなく、複数の蓄電池を導入する場合が多いようです。
これが蓄電池、業務用蓄電池の特徴です。
蓄電池はさまざまな場面で活用されているシステムだといえるでしょう。

業務用蓄電池と家庭用蓄電池の違い

業務用蓄電池と家庭用蓄電池の違いは、蓄えることのできる電気の容量と、販売されている製品の価格にあります。
業務用の蓄電池はその容量が家庭用蓄電池と比べて数倍から数十倍の容量を持っています。
また、無停電装置機能などの特別な機能が備わっている場合もあります。
しかしながら、価格は家庭用の蓄電池と比べて数倍になってしまいます。
また、製品の大きさも重要な違いだといえます。
家庭用蓄電池は運んだりすることができる小型の大きさですが、業務用蓄電池は1人で移動させたりすることが困難な大きさになっています。
また、業務用と家庭用の区別をつけずに売られている製品もあるようです。
容量が大きすぎるから家庭に導入できない、もしくはその反対に容量が小さすぎるから業務用に使えないということはないのです。
このような製品は「業務用・家庭用蓄電池」などといった表記がされているようです。
ここまで、業務用蓄電池と家庭用蓄電池の違いについてご紹介しました。

業務用蓄電池の使い方

業務用蓄電池を利用する上でのポイントをご紹介します。
1つ目は電気料金の節約です。
電気料金は企業ではかなりの料金になってしまいます。
それをできる限り抑えるにはどうすればいいでしょうか。
それは、電気料金が安い時間帯に充電をしておき、電気料金が高い時間帯に放電して利用することです。
このようにすることで、電気料金をできる限り抑えることができます。
2つ目は補助金の利用です。
蓄電池の導入の際には、かなり高額な費用がかかってしまうのがネックになっています。
しかし、蓄電池の普及を広げるために国から補助金が出ています。
補助金を利用すれば何もせずに導入するよりもかなり低価格で蓄電池を導入することができます。
企業用蓄電池ならば、最大1億円の補助金を受け取ることができます。
以上が業務用蓄電池の活用方法になります。
業務用蓄電池は素晴らしい
業務用蓄電池を積極的に導入することでコストの面などで企業をより良くすることができるのではないでしょうか。