事故車は買取と廃車どちらがベストか

事故車は買取と廃車どちらがベストか

事故車、と聞いてあまり良いイメージを抱く人はいないと思います。
しかし、車を運転する人にとって事故は背中合わせです。
事故と言ってもエンジンルームまで損傷しダメにしてしまうほどの大きなものから、少し車体をどこかの岩に掠ってしまった、壁にぶつけてバンパーがへこんでしまった、なんてのも入りますから、程度は違えどかなり多くの方が自分の車を事故車にしてしまうのではないでしょうか。
そんな事故車を手放したいと思った時、あなたはどうしますか?選択肢としては次の二つに大きく分かれると思います。
一つ目は廃車にしてするという選択。
もう一つは、買取をしてくれる業者を探すこと。
一度事故を起こしてしまった自動車なんか、売っても損をするだけ。
買取ってくれる業者なんかあるわけない、なんて思っていらっしゃる方、もしかしたら損をしているかもしれませんよ。
ここでは、そんな事故車の買取について少しだけ、お話しさせて頂こうと思っています。

修復履歴車と事故車の違いと買取への影響

修復履歴車、という言葉をご存知ですか?よく事故車は買取ってもらえない、廃車にするのに逆に手数料がかかった、なんて話を耳にします。
そもそも事故車には修復履歴車と修理歴車の二つの種類があります。
まずは両者の違いから説明していこうと思います。
まず、修復履歴車ですが、これは車体の骨格の部分が損傷したために修正された車のことを言います。
たとえ今は正常に動いていたとしても、いつ壊れるか、動かなくなるか分からないというリスクを抱えなければなりません。
このような車は車屋さんからしてみても下取り価格を安くせざるを得ませんし、買取を渋る原因となります。
事故車を買取する専門業者を見つける
次に修理歴車についてお話しします。
修理歴車というのは車体の骨格部分が損傷せず、修理しただけの車を指します。
バンパーがへこんだ、ドアを掠ってしまった、などといったレベルの車はこちらの修理歴車に該当し、状態によっては普通の車と同じぐらいの値段で下取り、買取してもらえることもあります。