岐阜県への移住のアピール

岐阜県への移住のアピール

政府の政策として「地方創生」という大きな試みがある。
全国的に地方の人口は減少してきており、運営も厳しさを増している。
そのような中で、岐阜県も非常に危機感を抱いており、県内へ移住してくる為の方策を考えている。
岐阜県の魅力を十分に県外へアピールもしていきたい。
私もテレビで何度かこのような地方の取り組みの番組を見たことがあるのだが、地方によっては過疎化への対策が実を結び成功している地方もあるらしい。
それは全国への政策宣伝が上手であったこともあるだろうが、やはりその政策の内容が素晴らしかったところが大きいと思われる。
政策が良ければ、何とかなることもある。
若者の意識も田舎で暮らすということが拒否ではなく寧ろ受容されてきており、大分昔とは変わってきた。
例えば、田舎での農業への意識も変わってきた。
そのような中、岐阜でも移住者へのアピールをしており、サイトでは実際の移住者のエピソードを掲載させて頂いている。
是非参考にしていて頂きたい。

流行りつつある地方への移住は、どうぞ岐阜県へ!

地方創生の政策の一つに省庁移転がある。
文化庁が東京から京都に移転するらしいことが最近発表になったばかりだ。
省庁だけではなく、大企業や人間も岐阜県など地方へと今後、移る機運になっていくのかもしれない。
若者の意識も昔と比べ、大分変わってきたように思う。
ちょっと前までは、都会志向とでもいうべき、東京、大阪など大都市に強い意識がいっていたように思うが、最近では、田舎での農業や暮らしの人気の高まりは上昇傾向にあると感じる。
もしかしたら田舎に移住し、そこでの暮らしが「今っぽい」という意識も若者には、既にあるのかもしれない。
そうなっていたら岐阜県としても、しめたもので、願ってもないチャンスの到来でもある。
若者をたくさん今後も取り込むことが出来れば、長年地元に住んでもらえ、尚且つ仕事という面でも長きに亘ってやってもらえる訳で、人材不足の現状をもしかすると解決出来るかもしれない。
もっと田舎や地方をアピールし、全然ダサいということはなく、「今っぽい」のがこの地方での田舎暮らしだ、ということに繋げていきたいものだ。
岐阜だけではなく、地方一丸となって取り組めば、結構移住への解決の糸口は見えてくるのかも知れない。

移住するならこんなに良い場所、岐阜県へ!

岐阜という土地柄、想像出来るのは、日本の真ん中の位置にあることではないだろうか。
関ヶ原の戦いで思い起こされる。
東軍・西軍に分かれて戦った。
名古屋という大都市に近いところでもあり、移住するには、もってこいであると思う。
自然と人工が、良い按配に調和された場所であると思う。
もし子供が居ればその教育という面においても絶好の良い場所となるだろう。
子供は深く自然を経験した方が断然良い。
その経験は大人になっても、忘れることのない、良いものとなるに違いない。
最近では東京と名古屋を結ぶ新型鉄道の開業への話題がある。
思った以上に大変な開発や工事であったようで、開業への時間こそは長く掛かったが、もう少しでその実現は達成される。
そうなれば岐阜も、東京と時間的に非常に近くなるのであり、益々の人々の往来や移住があり、今以上の発展が予想される。
今では仕事もインターネットのみで出来る業種がある。
岐阜移住計画に必要なこと
そういった人達もこの岐阜という土地は、移住には丁度良いのかも知れない。
田舎でもあるが大都市にも割と近く、自然と人口が調和されているからである。