家族葬は東京の業者へ

家族葬は東京の業者へ

人生の最期を締めくくる葬儀ですが、あるものにとってはそこから何かを受け取る場合もあります。

私なども身内が亡くなり始めてわかったことが沢山ありました。

そんな思いを強く感じられるのが家族葬という葬儀です。

さて、家族葬というのは、大規模な葬儀ではなく、身内だけの葬儀です。

そのためお金もかからないのが特徴となっています。

私などは何にでもお金がかかるものだと、感心したことがあるのです。

そうなのです人は自分の死に関してもお金を払わないといけないというものが解ります。

人を集めるとなると、それなりにお金がかかってきます。

そんなことで家族に迷惑をかけたくないから家族だけで葬儀を行うということが、この葬儀のコンセプトだということです。

東京といえば、ただでさえお金がかかる都市部だといえます。

そんな東京ですから、あえてリーズナブルな家族葬を行ってほしいと遺言に残す人も多いようです。

私としても家族には、簡易な葬儀でよいと遺言に残したいと考えています。

そのほうが重圧とかも少ない気がします。

東京暮らしと家族葬

人の営みというものは、全てが家族を持つということに収束するというわけではありません。

独身のまま一生を過ごすという人もいるのではないでしょうか。

それが悪いというわけでは、ありません。

むしろ現代のライフスタイルには非常にあっていることだと私は感じることができます。

さて、そんな独身の方、特に独り身の天涯孤独の方が亡くなったときは、この家族葬がささやかながら葬儀を行ってくれるようです。

むしろ東京のような大都会なら、このような死が日常的にあるのかもしれません。

むしろ私など、最後はこのようなものであっていいと思っています。

東京の片隅でひっそりと死を迎えるというのは、案外さみしいものではなく、ある意味楽しく人生を締めくくるのに大事なことではないかと考えています。

私は家族葬のスケール感がすごく気に入っていて、それはある意味、死期の近づいた猫が誰にも見つからないところでひっそりと死んでいくのに似ていると感慨深くなります。

ある意味ストイックなのですが、誰も悲しませることなく、そういえば彼はどうなったかなと、思われるくらいで丁度いいなと考えています。

東京と家族葬の関係とはなんでしょうか

東京と言えば、大都会ということで、生活レベルも上流階級かと思いきや、田舎暮らししている人よりも質素な暮らしをしていることが多いのです。

巷で節約、節約と、エコで節約などという、節約合戦が始まっている昨今ですが、物件の高い東京なども勿論そういった風潮になるわけです。

そしてそれは葬儀の世界にも広がっているというわけですね。

この家族葬というのは密葬より、さらに小規模な葬儀となります。

そして価格もリーズナブルになっております。

実は私も身内の葬式のとき葬式の費用が100万以上かかると葬儀屋に言われたとき、正直一般市民に出せる額としては厳しい値段ではないだろうか、と疑問に感じたものです。

人が亡くなっているのにも関わらず何故何百万のお金がかかるのだろうかと感じる方々も多いのではないでしょうか家族葬ではそんな値段はかからないので安心です。

東京で家族葬をする

しかしながら人生というのは生きては金銭を使い、死んでも金銭を使うという何とも不思議な世界だといえますね。

ことわざにあるように地獄の沙汰も金次第ということでしょうか。