奥が深い!ベリーダンスの魅力とその衣装

奥が深い!ベリーダンスの魅力とその衣装

ベリーダンス、一度は耳にしたことがあると思いますが、どんなダンスなのか、どんな衣装を着ているのか、具体的にはよく知らない方も多いと思います。
ルーツは中東やアフリカという説が有力のようですね。
ところで、私が初めてベリーダンスを見たのは、トルコ料理のお店でした。
最初はダンスを見る目的ではなく、美味しいと評判だった料理を楽しみに訪れたのですが、そこでダンスが始まったんです。
踊りはこれまで私が見てきたものとは違い、とってもセクシー!私は彼氏ではないお友達の男性と食事に行ったのですが、少し照れてしまいました・・・。
やはり目に留まるのがお腹の部分。
ベリーダンスは、このお腹を使って踊るんですね。
腰を動かしている、というよりか、まさにお腹を主張している感じがしました。
そして、ダンサーといえばスリムな体形、と思い込んでいましたが、彼女たちのお腹は意外とふくよか・・・。
太っているのとはまた違うんです。
それでも違和感がなく、そこがむしろチャームポイントになっているんですね。
衣装は、お腹の部分を強調するかのように、腹部が思いっきり露出されたドレスでした。
ちなみに、「ベリー」って、最初は「とても(very)」の意味かと思っていましたが、実は、「belly(お腹)」だったんですね。
要するに、腹ダンスです。
お料理にも満足しましたが、ベリーダンスにもその衣装にもすっかり魅了されました。

ベリーダンスの衣装の特徴

ダンスの大きな魅力の一つに、衣装の美しさがあります。
ベリーダンスのドレスは、フラダンスのものほど有名ではないかもしれませんが、目にすると「どこかでみたことあるなあ」という感じを受けると思います。
私の印象では、サリーに似ているなあという感じ。
とはいえ、実際は私も数回しか目にしたことがないのでちょっと調べてみました。
ベリーダンスの衣装は、トルコの雑貨屋さんはもちろんですが、インドの雑貨屋さんなどでも売られていますね。
ところで、インドの民族衣装といえば、代表的なのがサリーですが、他にもパンジャミ・ドレス、ガーグラ、そして、ヘレンガといった種類があるようです。
ベリーダンス衣装をデザインする
ちなみに、サリーが大きな1枚の布で身体を覆うのに対し、ヘレンガはドレス風のシャツとのスカートをベースとし、上にストールを巻くのだとか。
そして、これがベリーダンスにも使われているものなのだそうです。
私は、以前、フラダンスのドレスに憧れて足を踏み入れたことがありますが、ベリーダンスの衣装を見ていると、こちらも挑戦したくなりますね!