従兄弟がお世話になるウィズワン住宅

従兄弟がお世話になるウィズワン住宅

母方の従兄弟が、家を買うという。
どこで買うのか聞いてみると、ウィズワン住宅というらしい。
あまり聞いた事のない名前なのでホームページを見てみた。
なかなか、分かり易い。
一番好感をもったのが、建て方などに詳しい説明が載っている所だ。
下手な建築関係のホームページよりよっぽど分かり易いと感じた。
特に木造建築と、コンクリート建築の違いがよく解っていいなと思った。
セールスの話になるけれど、どうしても売りたいためデメリットなどの説明は省かれる事が多い。
自分もインターネットオークションに出品したり、落札したりする事があるのだが、高値で売ろうとすればするほど、マイナスポイントを省く様になる。
そう、できるだけ。
そこのサジ加減が実は結構難しいのだ。
文章のレイアウトひとつ、写真ひとつのノウハウは本当に大事なのだ。
売れれば良い、高く売れれば良いのだが、下手をすると大きなトラブルに見舞われる。
売った金額以上のトラブルになる事さえある。
その点、このウィズワン住宅という企業のホームページのバランスはとても良くできていると思う。

ウィズワン住宅のサイトで鉄筋コンクリート作りの特徴を知る

ウィズワン住宅のホームページを見ると、鉄筋コンクリート作りについて解説している記述がある。
鉄筋コンクリート作りは耐水性、遮音性、耐風性に優れる、耐火性に優れるとある。
耐火性についてだが、第二次世界大戦中、東京大空襲があった。
木造建築だらけの東京の街は火の海になり、天皇陛下が住む宮殿も燃えてしまった。
その時、仮の御所になったのは鉄筋コンクリート作りの文書保管の館だったのだ。
広島の原爆もそう、焼け残って平和のシンボルになっている建物も、元々は鉄筋コンクリート作りの産業会館なのだ。
鉄筋コンクリート作りの強固さは、そういった所もメリットになる。
その反面、その強固さゆえに大きな構造変更ができない。
木造建築とくらべ、鉄筋コンクリート建築はコンクリートの熱伝導率が高い。
熱が伝わり安い為、外が暑ければ暑くなりやすく、外が冷たければすぐに冷たくなる。
鉄筋コンクリート建築が多いある高名な建築家の建物は、それが原因で維持できなくなるケースが多いと聞いた。
ウィズワン住宅が人気の秘訣
ウィズワン住宅のホームページはこんな所も教えてくれる。