マンションのオーナーの不動産トラブル

マンションのオーナーの不動産トラブル

最近、不動投資が流行ってますよね。
オーナーにはなったもの不動産トラブルってどこに相談したらいいのでしょうか?一般的な解決法とかが知りたいですよね。
大体、トラブルの内容にもいろいろありますよね。
敷金礼金の返還や賃金の値上げなどオーナーの思いと借りる方の橋渡し役になってくれる第3者が必要です。
それぞれの思いを受け止めてできるだけお互い納得できる結果を見つけられるような、そんな相談ができるところがあればいいなと思います。
これは貸す方と借りる方という相手がいますのでどちらの言い分も押し通すことはできないのではないでしょうか?どちらかをたてればどちらかがへこむのですからちょうどいいところを探すのにほかの方はどのようにしているかをご存知の方に助けを求めるのがいいと思います。
人間、居住するのは生きていくために必要なことですからね。
人権侵害などの大きなトラブルにはお互いしたくないですよね。
そのためにも不動産トラブルはよくわかるいろいろな事例をご存知の方にお伺いしたいです。

社内融資の不動産トラブル

さらに最近はデザイン住宅がよく売り出されたりもしていますよね。
買う時にも不動産トラブルは起こりえるものです。
例えば、社内融資で住宅を購入したとしますね。
ですが、わけあって退職してしまったとします。
すると、金利が低い、担保が不要などとなにかとメリットが魅力的な社内融資ですが退職と同時に一括返済を迫られたという事例を聞きます。
これは、けっして違法ではないそうです。
なので、返済を迫られたらちゃんと返済しなくてはならないみたいです。
あわてて一括返済しなくてもいいようにするには、社内融資を受ける前に将来、転職の可能性があるか、または銀行の融資に切り替えることができるかなどの事前調査が必要ですね。
銀行融資は一般的には一定の勤続年数を勤めたかが審査基準の所が多いみたいです。
ただ、銀行によって審査基準は違いますからいろいろな銀行に行ってみるのがいいと思います。
安いし、担保もいらないからとすぐに飛びつくのもいいかもしれませんが、なにをするにもリスクはあるものですね。
そんな不動産トラブルに巻き込まれないようにしたいですね。

借りる時の不動産トラブルで払わなくてもいいお金

住宅を買うだけではなく借りる時にも不動産トラブルはつきものです。
現地に行って気に入った物件があり不動産屋に申込金を払わないと借りられないと言われたが、金額が大きくて払いたくないという事例も聞きました。
この場合の申込金とは敷金や礼金とは違い、申込順序確保のためにお金だそうです。
このお金は必ず返還されなくてはならないものなのだそうですが、返還を拒む不動産屋もあるそうです。
なので、申込金を請求されたら必ず応じることはないそうですよ。
東京都ではこのようなお金を受け取らないようにと指導しているそうなんですが、まだ一部では請求している不動産屋もあるみたいです。
他の県はどうなのかわかりませんので、住みたい、または、住もうとしている街の条例を一度チェックしてみた方がいいですね。
私は今回申込金という言葉は初めて聞きました。
不動産トラブルになる原因で最も多い事とは
払わなくていいなんて知らないのでホイホイ払ってしまいそうでした。
いろいろな不動産トラブルがあるんですね。