蓄電池設備で大事なデータを守りましょう

蓄電池設備で大事なデータを守りましょう

日頃からのデータ収集や作業で作成したデータが突然の停電によって消えてしまった、もしくは消えてしまったらどうしましょう。
再び時間をかけて直すことは可能かもしれないですが、非常に時間がかかることでもありますし、他の作業にも影響が出てしまいます。
そんなことにならないようにするためにはこまめにバックアップすることも大切ですが、いきなり電源が落ちてしまうとデータごと破損してしまうことも考えられます。
さすがにそうなってしまってはどうしようもありません。
近年では大地震によってもたらされた停電をきっかけに蓄電池設備を企業が設置するようになってきています。
蓄電池設備は普段電気を貯めておき、非常時に給電を受けるという仕組みになっています。
蓄電池設備の導入を検討
現在では太陽光発電システムと連携させて太陽光で発電した電気を貯めておき、余剰した電気を売電する制度も整っているので、合わせて設置できると電気代の高い昼時間帯もスマートになりますね。